ビットコインとアルトコインが“価格連動”するのはなぜか?

仮想通貨のチャート一覧 仮想通貨
悩んでいる人
悩んでいる人

仮想通貨取引をする中で、疑問に思うことがあって。

 

ビットコインの価格が上下すると、その他アルトコインも価格が連動して動くのはどうしてだろう?

どういう原理が働いているのかな?

こんな方にオススメの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • ビットコインとアルトコインが連動する理由
  • 仮想通貨の象徴である「ビットコイン」が指標である
  • 株式投資の「地合い」の話

 

この記事を書いた人
かける

こんにちは、かけるです!
.
◆レオパレスで一人暮らし
◆株、仮想通貨投資
◆コーヒー大好き
.
自分の経験から「人に役立つ情報を発信したい」と思い、ブログを運営しています!
是非見ていってください(´∀`)
.
月20万人が訪れる自転車ブログ(たびチャリ!)も運営してます。

かけるをフォローする

 

こんにちは、かけるです。仮想通貨投資を趣味でやっています。

 

ビットコインの暴騰時や暴落時に、ふと疑問に思うことがあるのですよね。

「なぜ、ビットコインとその他アルトコインは、価格の動きが連動するのだろう?」と。

 

ちょっと疑問に思ったので、調べ、考えてみました。

 

私はアナリストではないので詳しい知識はありません。

ただのイチ仮想通貨トレーダーですが、少しでも参考になれば幸いです。

ビットコインとアルトコインが“価格連動”するのはなぜか?

投資のチャート

インターネットで調べてみたのですが、コレといった答えは見つかりませんでした。

そこで、自分なりに考えてみた結論が以下です。(真偽は不明なので、参考程度にしてください)

 

仮想通貨の象徴であるビットコインが、市場の指標となっているから。

 

アルトコインだけしか持っていない人でも、絶対にビットコインの価格は確認しますよね。

下がっていたら、「自分のコインも下がるかも?」と思うのが当然です。

 

市場の動向というのは、投資家心理によって動くもの。

 

「下がるかも?→下がる前に売っておこう→売り優勢で実際に下がる→結果、ビットコインに連動する」

こんな感じだと思います。

株でいう“日経平均”が、仮想通貨の「ビットコイン」

「日経平均」という言葉は、誰もが聞いたことがあるでしょう。

日本の上場企業の内、選ばれた225銘柄の平均値を表したものです。

つまり、景気動向を測る指標ともいえます。

 

私は株式投資もやっているのですが、この「日経平均」に連動して、個別銘柄の価格も上げ下げします。

俗にいう「地合い」ってやつです。

 

どんなに株価が上昇するポテンシャルのある銘柄でも、地合いが悪ければ(日経平均が下げていれば)、それに連動して下げ相場になることもしばしば。

逆に、日経平均が大きく上昇する時は、同じく連動して、どの株も全面的に価格上昇したりします。

「日経平均の良し悪しを指標とし、株の売り買いをする人」がいるということでもあります。

 

これは「日経平均を見て投資判断をする人」が多ければ多いほど、株価は日経平均につられるわけです。

そうでしょう?

 

例えば、10人中9人が「日経平均が上がっているから、この株を買おう」と思っていたとしたら、自然と日経平均の動きに寄るわけです。

株式投資かの大きな指標であり、地合いをつくります。

 

 

株でいう日経平均が、仮想通貨でいう「ビットコイン」なのではと、私は思うのです。

指標にするものが、それくらいしかないですから。

 

だから、

ビットコインが下げてるから、市況が悪いな。損が出る前に、自分の持っているアルトコインも売ってしまおう。」

 

ビットコインが上げてるから、市況が良い。この上昇トレンドに乗っかって、自分も儲けるぞ!一緒に上がるであろうアルトコインを買おうかな」

 

という心理が多くの投資家に一致し、結果、ビットコインの価格に連動してアルトコインが動くと考えます。これが私の考えです。

 

アルトコインに投資をするにしても、ビットコインの市況に大きく影響されますので、必ずチェックしましょう。

イーサリアムとビットコインの連動性が薄れてきた?

ビットコイン

ちょっと最近思うこととして、「ビットコインとイーサリアムの連動性」が薄くなってきているのではと感じます。

実際にチャートを見ていただけると分かるのですが、形がちょっと、違いますよね。

 

イーサリアムもアルトコインなわけですが、なぜ、ビットコインとの連動性が薄れてきたのか?

 

もちろん、正しい答えは分かりません。

しかし、自分の中にすでに“ヒント”があったように思います。説明しますね。

 

 

私は、保有する仮想通貨の中で、最も金額的な割合を占めるのが「イーサリアム」です。2番目がビットコイン。

その理由は、イーサリアムの将来性に夢を膨らませているからなんですね。

 

もちろん、ビットコインの今後にも期待しています。もっともっと普及が広がり、世界共通の基軸通貨になり得る可能性だってあるわけです。

エルサルバドルが法定通貨にしたように、アメリカでとある企業の給与が「ビットコイン支払い」に対応したように、ドンドン普及していくでしょう。

 

…でも!もっともっと広がるだろうと思っているのが、イーサリアム。

スマートコントラクトによる魅力が大きいですね。

 

 

最近はNFTブームが起こってますし、DAppsもそうです。

ビットコインはブロックチェーン技術を持った通貨としても魅力しかありませんが、イーサリアムは汎用性に優れます。

 

もしかすると、今後どこかでビットコインとイーサリアムの立ち位置が入れ替わるのでは?とすらも思っています。

 

 

…で、何が言いたいかというと、このように思う人がいればいるほど、ビットコインとの連動性って薄れてくると思うんです、

ビットコインが暴落したとして、イーサリアムが少しのところで下げ止まったとしましょう。

 

投資家心理として(少なくとも自分が売らない理由は)、

「ビットコインは下がってるけど、イーサリアムとは別物だしな。今後、イーサリアムの普及はもっと広がると思う。だから、焦って売る理由はないな。」

と思っています。

 

ビットコインとイーサリアムが別物であることを理解し、イーサリアムに絶対的な自信を持ち、将来に期待している投資家が多ければ多いほど、ビットコインとの価格連動性は薄れると思います。

それだけ、個々の通貨に異なった価値を感じているということです。

 

チャートの動き方というのは、実は私たち投資家の心の中に答えがあるんですよね。

面白いなあ。

【ちなみに】おすすめのチャート管理サイト

せっかくビットコインとの連動に関する話をしたので、私が普段見ているサイトについて紹介したいと思います。

 

仮想通貨のチャート一覧

 

主要銘柄が一目で監視できるので、便利ですよ。

これで監視しつつ、地合いが悪くなったら各取引所の板を見るようにしています。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

【ビットコインとアルトコインが“価格連動”するのはなぜか?】

  • 正解は分かりませんが、個人的な考えは「仮想通貨の象徴であるビットコインが、市場の指標となっているから。
  • 株式投資でいう「日経平均」が仮想通貨でいう「ビットコイン」
  • 同じ指標を活用している人が多ければ多いほど、価格はその方向性へ動く
  • つまり、ビットコインを指標にしている人が多いほど、ビットコインと同じようになる。連動する。
  • 最近は、連動性が薄い銘柄も出てきた。

 

少しでも参考になれば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました