【ガーデニングの基本】害虫対策はどのように行うべきか?

ガーデニングのイメージ Uncategorized
悩んでいる人
害虫に悩む人

私がキレイに育ててる作物に、虫が付いて困ってるんだよね。

葉っぱを食べられちゃったり、変色したり、枯れる原因になったりするから本当に厄介で…。

 

だから、駆除したいんだけど、害虫対策は何をしたらいいんだろう?

 

詳しく教えてもらえると助かるなあ。

こんな方におすすめの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • ガーデニングの「害虫対策」はどうしたらいいのか?
  • おすすめの殺虫剤
  • 農薬を使わず害虫を駆除する方法

 

【ガーデニングの基本】害虫対策はどのように行うべきか?

ガーデニングのイメージ

害虫対策には、やはり「殺虫剤」を使うのがオススメ。

 

どれだけ気を付けていても、どれだけ丁寧に育てていても、病害虫の発生は避けられませんからね。

殺虫剤を使って害虫を素早く退治し、植物を元気に育てましょう。

中には一晩の内に葉っぱを食い荒らすものもありますから、発生が広がる前に抑制することが大切です。

 

人気があり、おすすめの殺虫剤がこちら。

created by Rinker
住友化学園芸
¥830 (2022/09/26 05:21:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

  • 食品成分から生まれた殺虫剤
    →野菜やハーブ、果樹などにも使用OK
  • ニオイもなく、収穫日前日まで使える
  • 虫に合わせて切り替えノズル付き

植物に優しい成分で、使用回数の制限などもありません。

 

「どこに、どうやって、どのくらいの量をかけたらいいか分からない」という初心者の方にとっても、使いやすい殺虫剤かなと思います。

 

「どんな害虫に気を付けるべきか」は、以下の動画が参考になりますよ。

なぜ、害虫は発生するのか?

主に2つの原因があります。

  1. 日当たりが悪い
    →植物の生育が悪くなり、害虫に対する抵抗力が低下した結果、害虫が繁殖しやすくなる。
  2. 高温多湿である
    →その環境を好む害虫もいるため、放置すると発生・繁殖に繋がります。

 

害虫の発生を予防するためには、上記の環境を作らないことが大切です。

日当たりを良くすることと、古い水が滞らないようにすることなど。

殺虫剤を使いたくない時は…

中にはこんな方もいるでしょう。

ギモンの声
ギモンの声

自分が食べる作物とか、なるべく殺虫剤は使いたくないなあ…。

体に悪そうだからね。

そんな方にオススメなのが、「やさお酢」ですね。

created by Rinker
アースガーデン
¥759 (2022/09/26 05:21:27時点 Amazon調べ-詳細)

殺虫剤は殺虫剤ですが、あなたが不安に思うであろう“体に悪い成分”が一切入っていません。

むしろ“良い成分”が入っており、プラスです。

 

  • あらゆる植物の病気と虫の退治と予防に使える殺虫殺菌剤
  • 食べる直前も使える100%植物成分
  • 発生前からスプレーして、アブラムシ、ハダニ、コナジラミ、うどんこ病を防ぐ
  • アブラムシの大量発生を未然に防ぐ
  • お酢のチカラ(栄養素)で植物がイキイキ育つ

 

 

 

ただ、これすらも使いたくないのであれば、以下の方法で行いましょう。

 

<予防>

  • あらかじめ防虫ネットを張る
  • 光の反射を活用し、虫を寄せ付けないようにする

<害虫駆除>

  • 大きめの害虫→ピンセットや割りばしを使い、つまんで取り除く
  • 小~中サイズの害虫→ガムテープなどを使い、くっつけて剥がす

 

肥料のあげすぎや、連続した雨天、植物の元気がない時は、害虫が付きやすくなります。

適正な水やりと日当たりの確保で、植物にエネルギーをもたらし、害虫の発生を避けることも大切です。

created by Rinker
シンセイ(Shinsei)
¥2,036 (2022/09/26 05:21:28時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

【<ガーデニングの基本>害虫対策はどのように行うべきか?】

  • 結論、殺虫剤を使うのがオススメ
  • 殺虫剤に抵抗がある方は、「やさお酢」を使うといい
  • それもいやなら、手で取り除こう
  • 害虫の発生を抑制するには、日ごろから植物にとって良い環境を維持することが大切

 

少しでも参考になれば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました