【一人暮らし】朝起きれない人が見直すべき3つのポイント

お役立ち情報
悩んでいる人
悩んでいる人

一人暮らしを始めたはいいけど、朝起きれなくて困ってる。

実家のように起こしてくれる人はいないし、物音が全くしなくて静かだから、全然起きれないんだよね。

 

目覚ましを掛けても、知らない間に止まってるし…(笑)

 

どうしたら、一人で起床できるようになるのだろう?

寝坊で遅刻なんてしてられないしなあ。

こんな方にオススメの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • 一人暮らしで“朝”起きれない人が見直すべき3つのポイント
  • 朝5時からの早朝バイトをしていた私の経験談
  • 朝起きるための努力、工夫の方法

 

この記事を書いた人
かける

こんにちは、かけるです!
.
◆レオパレスで一人暮らし
◆株、仮想通貨投資
◆コーヒー大好き
.
自分の経験から「人に役立つ情報を発信したい」と思い、ブログを運営しています!
是非見ていってください(´∀`)
.
月20万人が訪れる自転車ブログ(たびチャリ!)も運営してます。

かけるをフォローする

 

【一人暮らし】朝起きれない人が見直すべき3つのポイント

朝5時からの早朝バイトをしていた私からのアドバイスは3つ。

 

  1. 生活リズムは一定か?8時間以上寝ているか?
  2. 目覚まし時計は離れたところに置いているか?
  3. 一瞬目を覚ました時の“魔の誘惑”に負けていないか?

これらを詳しく解説しますので、自分との違いはどうかを見直し、是非参考にしてみてください。

 

私自身、朝起きるのは苦手ではありませんが、努力なしで早朝に起きることはできません。

そんな私から言わせていただくと、「起きれないのは努力が足りないから」他ならないのです。

 

…と、ナンカイキナリスミマセンね。

裏を返せば「努力次第で起きれるようになる」わけなので、一緒に頑張りましょう。

生活リズムは一定か?8時間以上寝ているか?

朝スッキリ起きるための大前提。

  • 生活リズムは一定ですか?
  • 8時間以上寝ていますか?

基本中の基本にして、最重要です。案外軽視してませんか。

 

やはり、生活リズムが一定であることは、朝気持ちよく起きるために重要です。

私もそうでしたが、一日でもリズムが狂うと(例えば夜更かし)、翌日から起きれなくなります。

私の場合、朝起きれるよう体が戻るまで、3日は掛かる印象でした。

 

たった1日リズムが狂うだけで、急に朝起きれなくなるのです。

起きても「目が開かない」「すごく眠たい」「二度寝したい」みたいな感じでして、“スッキリ早起き”とは程遠い状態。

 

逆に、リズムが一定だと、体が勝手に起きたりします。

私が朝5時からのバイトに行っていたころは、3時30分起きでした。

でもそれを続けていると、慣れてくるのです。目覚ましよりも体が先に起きる。

 

アラームがなる5分以内にパッと目が覚めることは、しょっちゅうありました。

 

それくらい“リズムを一定にすること”は大事です。

 

それと合わせて8時間睡眠を心がけましょう。

8時間未満ですと、単純に“寝不足”で起きれないだけかもです。

朝に弱くはない私でも、寝不足時には一人で起きれない時もあるほど。

 

まずはこれら2点の基本を押さえることですね。

目覚まし時計は離れたところに置いているか?

私が早朝バイト時にやっていた工夫。

目覚まし時計を「歩かないと止められない場所」に置いていました。

そうすることで、ベッドから強制的に出る必要があるからです。

 

部屋の角、しかもクローゼットの上に置いていましたね。

遠い&ボタンを押しにくいので、それがいいんです。(笑)

 

間違ってもアラームを枕元に置いてはいけません。

すぐ止められる場所に置いているから、布団から出ずに手だけ伸ばして音を止め、また二度寝をするのです。

 

多分、心当たりある方が多いのではないでしょうか。

「あぁー。確かにいつもそうなる…」って。

 

いつもそうなって起きれないなら、なぜ変えない?変えるしかないじゃないですか。

私もそうだったのですから。

一瞬目を覚ました時の“魔の誘惑”に負けていないか?

アラームが鳴ったときに、「一瞬目を覚ますけど、すぐに記憶が吹っ飛んで寝てしまう」という方もいますよね。

その“一瞬”のうちに、頭の中で考えていること。

 

起きなきゃ…!!!
だけど眠いなあ。もうちょっとだけ布団で横になろうかな(と思っているうちに二度寝)」

 

一瞬意識があるものの、寝起き時の魔の誘惑に負けて、再び眠りにつくことを選択しがちです。

前日の夜にどれだけ「明日は起きるぞ!」と心に決めても、いざ起床の時が訪れると、その決心はどこへやら。「眠たい」気持ちが勝ってしまいます。

 

…そこで負けちゃダメ。

 

意識がある一瞬のうちに、思い切って布団を蹴飛ばすのです。

そのまま「ベッド」という誘惑の空間から身を離すのです。

そうすれば、無理やりにでも起きられる。

 

私もやっていました。

布団をどかして外に出て、それでも眠い時はベランダに出て横になっていました。

真冬にもそれをしていたので、アホみたいに寒いんですよね。

早朝なので-4度とかです。その中でパジャマ姿でベランダに横になる。

 

どう頑張っても寝られません。寒すぎて「眠たい」という気持ちなんか消えます。

起きるために「努力」してる?

何が言いたいかというと、私でさえ起きるためにこんな“努力”をしてきたということです。

早朝バイトをしている時は「普通に起きてた」のではなくて、「頑張って起きてた」ということ。

 

今このブログを読んでいるあなたは「朝起きれないんだよね。悩んでてさ…」って感じだと思いますが、改善するために努力はしましたか?

 

きっと、大したことをしていないと思います。

起きれないなら、起きれないなりに「起きるための努力」をしていかないと。

 

  • 寝る前にゲームするのをやめる(脳が興奮状態になる)
  • ベッドにスマホを持ちこまない。触らない。
  • アラームを遠いところに置く
  • 起きた瞬間布団を蹴飛ばし、ベッドから降りる
  • 何があっても毎日同じ時間に寝る
  • 「8時間睡眠」を可能にするため、無駄な時間を全て削る
    →意味もなくインスタを見たり、Youtubeを見たりする時間のこと。

 

何か一つでもいいので、今日から実践していきましょう。

工夫次第で、あなたは絶対起きられるようになりますから。ガンバです。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

【一人暮らしで「朝起きれない人」が見直すべき3つのポイント】

  1. 生活リズムは一定か?8時間以上寝ているか?
  2. 目覚まし時計は離れたところに置いているか?
  3. 一瞬目を覚ました時の“魔の誘惑”に負けていないか?

 

早朝バイトをしていた私ですが、朝起きるのが得意なわけではありません。

やはり努力をしないと起きることはできませんでした。

だから“二度寝しないための工夫”を重ねていったのです。あなたは何かしてますか。


 

  • 寝る前にゲームするのをやめる(脳が興奮状態になる)
  • ベッドにスマホを持ちこまない。触らない。
  • アラームを遠いところに置く
  • 起きた瞬間布団を蹴飛ばし、ベッドから降りる
  • 何があっても毎日同じ時間に寝る
  • 「8時間睡眠」を可能にするため、無駄な時間を全て削る
    →意味もなくインスタを見たり、Youtubeを見たりする時間のこと。

今日から1つでもいいので、実践していきましょう。

 

少しでも参考になれば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました