【部屋紹介!】レオパレスのお風呂場ってどう?【サイズ、機能面】

レオパレスのお風呂場紹介 レオパレスに住んでみた
レオパレスで楽に新生活を始めよう

◎住んでわかったレオパレスのメリット

→家具家電付き(仲介手数料無料)なので初期費用を抑えられる
→家具家電付きなので引っ越し作業がラク
→インターネット工事不要でリモートワークやオンライン授業も安心
→お部屋探しから入居後まで一貫したサポートではじめての一人暮らしをサポート

分からないことは、WEBで気軽に問い合わせ可能!

悩んでいる人
悩んでいる人

引っ越し先を探していて、レオパレスの物件が気になっている。

 

そこで詳しく知りたいことがあるんだけど、「お風呂場」ってどんな感じなの?

例えば、「浴槽サイズ感」とか、「追い炊きはあるか」などの機能面とか。

 

写真も見て確認してみたいなー。

こんな方にオススメの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • レオパレスのお風呂場の様子(私の家の例)
  • お風呂場の写真
  • 浴槽のサイズ感
  • 住んでみてわかった問題
  • お風呂場にある他の設備

 

レオパレスに住む私が解説します。

 

全てのレオパレス物件が同じお風呂場環境とは限りませんで、一つの例として参考にしていただければ幸いです。

【部屋紹介!】レオパレスのお風呂場ってどう?【サイズ、機能面】

レオパレスのお風呂場紹介

 

レオパレスのお風呂場は、こんな感じーっっ!!

 

洗面器は風呂場の中にある

レオパレスのお風呂場紹介

まず、「洗面器」はお風呂場の中にあります。

つまり、独立型の洗面台ではありません。

 

  • 朝、顔を洗う
  • 歯を磨く
  • ひげを剃る

などは、ここで行うことになるでしょう。洗面器は結構小さめです。

 

ちなみに、シャンプーやリンスなどを置くスペースは、洗面台の上にちょろっとしかありません。

非常に狭いです。

 

床に置くか、自分で工夫するかして考えなければいけないでしょう。

お湯の温度は自分で調節

レオパレスのお風呂場紹介

 

蛇口は、お湯の温度を自分で調節するタイプ。

 

「熱すぎるお湯」と「冷水」を混ぜ合わせて、好みの温度に調整します。

「42度で設定」みたいなことができないので、ちょっと不便ですね。(実家に慣れすぎた?)

 

一番不便を感じるのはお湯を一時的に止める時です。

 

例えば、体を洗っている時。

節水を心がけて、一旦お湯を止めるとするじゃないですか。

すると、もう一度温度調整からやり直し。

 

まともに浴びれないほど暑いお湯が出たり、あるいは、ひやっとするほど冷たい水が出ることもあるので大変です。

 

私はそれが面倒で、

  1. まずは浴槽にお湯をためる
  2. 浴槽に体をつかる
  3. そのお湯で頭や体の石鹸を洗い流す

と言う手順にしています。

 

こうすれば途中で温度調整をやり直す必要がなく、私にとって手間が省けて楽でした。

 

追い炊き機能はある?

 

少なくとも私の物件にはありませんでした。

浴槽のサイズを測ってみた

お風呂が好きな方にとって、「浴槽の大きさ」は大切なポイントでしょう。

サイズを測ってみました。

 

レオパレスのお風呂場紹介

 

レオパレスのお風呂場紹介

 

  • 縦の長さが約90センチ
  • 横幅が約52センチ

 

足を伸ばして入る事はできないので、あぐらのような体勢で入ることになるでしょう。

一人暮らしならこんなもんですかね。

壁に“吸盤”がくっつかない

レオパレスのお風呂場紹介

 

先ほど、「シャンプーやリンスなどを置く場所が狭い。必要なら工夫が必要」と言いました。

例えば、髭剃りや歯ブラシ歯、磨き粉洗顔セットなど、お風呂場に置きたいものは他にたくさんありますよね。

 

しかし、スペースが無いからと全て床に置いてしまうと、お湯で流れてしまうため、あまり好ましくありません。

 

そこで、おそらく多くの方が「吸盤型のフック」を買ってきて、そこに取り付けようと考えるでしょう。

私もそうしました。

 

しかし、ここで問題が発生。

 

よく見ると、浴室の壁は“ツルツルの平面”ではありませんでした。

ちょっと“ざらつき”があり、吸盤が全くくっつかない。

 

これは大きな誤算でしたね

 

なので、仕方なく鏡に吸盤をくっつけて使っています。こんな感じ。

レオパレスのお風呂場紹介

 

この「吸盤ステー」と、「引っ掛けられるせんたくばさみ」はどちらも無印良品で買いました。

よければ参考にしてください。

浴室乾燥機が大活躍

レオパレスの浴室乾燥機 本当に乾く?使ってみた結果…

 

お風呂場には、「浴室乾燥機」が備わっています。

雨の日でもバッチリ衣類を乾かすことができるので、大変助かってますね。大活躍です。

 

もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

 

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

 

  • 洗面所はお風呂場の中にある
  • お湯の温度は自分で調節するタイプ
  • 追い炊き機能はついていない
  • 浴槽の大きさは90 × 52センチ
  • 壁に吸盤がくっつかない
  • 浴室乾燥機があり

 

この情報がお役に立てば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました