家具家電付きのレオパレスに「ポット・ケトル」はついてるの?

レオパレスに住んでみた
レオパレスで楽に新生活を始めよう

◎住んでわかったレオパレスのメリット

→家具家電付き(仲介手数料無料)なので初期費用を抑えられる
→家具家電付きなので引っ越し作業がラク
→インターネット工事不要でリモートワークやオンライン授業も安心
→お部屋探しから入居後まで一貫したサポートではじめての一人暮らしをサポート

分からないことは、WEBで気軽に問い合わせ可能!

悩んでいる人
悩んでいる人

これからレオパレスにの物件に引っ越す予定なんだけど、家具家電付きって、「ポットや電気ケトル」も含まれているのかな?

 

教えて欲しい。

こんな方にオススメの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • レオパレスにポットや電気ケトルはついているのか
  • 毎回鍋でお湯を沸かすのもありか
  • 絶対に電気ケトルを購入すべき理由

 

レオパレスに住む私が解説します。

家具家電付きのレオパレスに「ポット・ケトル」はついてるの?

レオパレスに 「ポット・ケトル」はついてるの?

結論から言うと、家具家電付きのレオパレス物件であっても、ポットやケトルはついてきません。

 

ですので、必要であれば自分で用意する必要があります。

毎回鍋でお湯を沸かすのもあり?

結論:おすすめしない

そう聞いて、もしかすると中には、

悩んでいる人

ポットとかケトルはなくても、毎回「鍋」でお湯を沸かそうかなぁ。

買うのもなあ…。

と思う方もいるでしょう

 

でも私はお勧めしません。

絶対に、ポットあるいはケトルを持っておいたほうがいいと思います。

 

特に、一人暮らしで使いやすいのはケトルの方ですね。

なぜ、ケトルを買うべきなのか?

ではなぜ、「鍋」ではダメなのか。ケトルを買うべきなのか。

それは、単純に「時間がかかって不便」だからです。

 

レオパレスのキッチンは、電気コンロです。

 

ただ、「電気コンロ= IHコンロ」だけではありません。

私も勘違いしていました。

 

これは私の家のキッチンです。

レオパレスのキッチン

コンロのことをあまり詳しくない方が見ると、「IHコンロだよね?」と思うでしょう。

 

しかし、実は違います。

“ラジエントヒーター”と言う種類の電気コンロになります。

 

両者の違いを詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にすると良いでしょう。

 

レオパレスの中にも、IHコンロラジエントヒーターの物件が存在するようです。

 

特に、ケトルを買うべきなのは、この「ラジエントヒーター」が設置された物件に住む方。

 

ラジエントヒーターは、IHやガスに比べてとにかく火力が弱いです。

温まるまでに時間がかかります。

 

お湯を少し沸かそうと思っても、なかなか沸騰してくれません。

これが結構ストレスで…。

 

例えば麦茶を作ろうと1リットル以上のお湯を沸かそうものなら、もはや「沸かしていることを忘れた」くらいで、ようやく沸騰します。

・・・まぁこれはちょっとオーバーで冗談交じりですが、とにかく「沸騰するまで時間が掛かるよ」 と言うことを伝えたいのです。

 

ですから、絶対にケトルを買うことをおすすめします。別に高くありませんしね。

とりあえずティファール

これから購入するなら、とりあえずティファールがおすすめ。

もはや知らない人はいないでしょう。電気ケトルの代名詞的存在です(笑)

 

 

電気ケトルの使い道は、

  • 何か飲み物を飲む時だったり
  • カップラーメンにお湯を注ぐ時だったり

いろいろな使い道がありますよね。

 

私が一人暮らしをする上で、電気ケトルが特に役立つシチュエーションがあります。

「麦茶を作る時」です。

 

麦茶を作ると言うと、

鍋に水を入れて沸かして→麦茶のパックを入れて→冷まして→麦茶の容器に移して→使った鍋を洗って…

と結構めんどくさいイメージがあります。というか、実際めんどくさいです。

 

仕事で忙しい社会人にとって、できればやりたくない作業ですよね。

手間を避けて、ペットボトルの飲料のみで生活する方も多いのではないでしょうか。

 

でも、自分で麦茶を作った方が断然お得。

なるべく自分で作りたいと考える方が多いでしょう。

 

そこで、麦茶作りを簡略化する方法を教えます。

私がやっている「電気ケトル」を使った方法です。

 

  1. 電気ケトルでお湯を沸かす
  2. 麦茶の容器に、麦茶のパックを入れておく
  3. 沸騰したお湯をそのまま容器へ注ぐ
  4. 少し温度が下がるのを待ち、10分ほどしたらお茶っぱを捨てる
  5. 蓋をして冷蔵庫へ

 

いつもこうして麦茶を作っています。

 

沸騰したお湯を麦茶の容器に注ぐだけなので、超簡単ですね。

麦茶を作った鍋を洗う必要が生じないので、手間も少ないです。

 

こんなふうに使えることを考えたとき、電気ケトルの容量は1リットル以上がオススメ。

麦茶を作るときに、沸騰させるのが1回で済むからです。

 

ちょっと話がそれましたが、よければ参考にしてみてください。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

  • レオパレスにポットやケトルはついてこない
  • 自分で用意する必要がある
  • (特に「ラジエントヒーター」の場合)毎回鍋でお湯を沸かすのはオススメしない
  • 電気ケトルはほぼ必須アイテム
  • 麦茶を作るときにも便利なので、1リットル以上のケトルがオススメ

 

本記事の内容がお役に立てれば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました