【もう嫌だ…】就活の面接は新幹線で行け!夜行バスの感想

就活の面接は新幹線で行け お役立ち情報
悩んでいる人
就活生

自分は就活中で、これから面接が始まるんだけど、遠距離の移動手段は何がいいのだろう?

 

早く楽に着く「新幹線」がオススメなのはわかるけど、なにせ高い。

たった数時間の面接をするためだけに、往復〇万円とか掛けてられない…。

これから何社も面接を受けに行くからなおらさね。

 

だから、安い「夜行バス」も検討中なのだけど、どう思う?

実際に就活中の移動手段に使ってた人がいれば、感想や注意点を教えて欲しいなあ。

 

こんな方にオススメの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • 就活の移動手段に「夜行バス」を使ってみた感想
  • 志望度の高い企業なら絶対に新幹線を使うべき理由
  • お金が無いなら親に借りることを考える

 

こんにちは、かけるです。

今回のテーマは「就活の面接への移動手段。夜行バスか新幹線か?」というテーマでお話ししていきます。

 

私は(記事執筆時)現在、社会人1年目として働いています。2年前の春は就活をしていました。

実家は愛知県ですが、志望先企業の面接が関東圏にあったため、長距離の移動を余儀なくされました。

 

私は普段、移動はもっぱら自転車です。あるいはバイク。

「長距離の移動、どうしよう?」と迷ったのですが、お金もあまりなかったので、人生初の“夜行バス”を選択しました。

 

しかし、これが大失敗。今思い返しても「夜行バスはもう乗りたくない…」って感じです。

この経験から、就活生にはできるだけ新幹線を利用してほしいと思いますね。

 

その理由について、深掘りしていきましょう。

面接会場への長距離移動を控える就活生にとって、少しでも参考になれば幸いです。

 

ファイト!

 

この記事を書いた人
かける

こんにちは、かけるです!
.
◆レオパレスで一人暮らし
◆株、仮想通貨投資
◆コーヒー大好き
.
自分の経験から「人に役立つ情報を発信したい」と思い、ブログを運営しています!
是非見ていってください(´∀`)
.
月20万人が訪れる自転車ブログ(たびチャリ!)も運営してます。

かけるをフォローする

【もう嫌だ…】就活の面接は新幹線で行け!夜行バスを使った感想

就活の面接は新幹線で行け

「面接会場まで新幹線で行くか、夜行バスで行くか?」

もし自分の後輩から聞かれたら、私はこう答えます。

 

絶対に新幹線で行くべき。夜行バスはまじで辛いよ、、、」と。

 

大きな理由は一つでして「とても熟睡できる環境ではないこと」です。

 

【熟睡できないから…】

→体が休まらない

→現地到着時に体調すぐれない

→面接の練習も集中できない

→面接本番で最大限のパフォーマンスを発揮できない

→(夜行バスを使ったがゆえに)選考が失敗に終わる可能性が出てくる

という負の連鎖が起こりかねません。

 

夜行バスの移動費が安いのは魅力的ですが、それ以上に大きなものを失うかも。

だから、親に借金をしてでも「新幹線での移動」をオススメします。

夜行バスは寝れたものじゃない

私は就活の時に、人生で初めて夜行バスを使いました。

これまで、特に遠くへ移動する用事もなかったんですよね。使ったことない人の方が多いでしょう。

 

“夜行バス”と聞くと、「寝てる間に目的地に着ける。しかも安い。」と言うイメージがありました。

お金のない学生が遊びに行くときに使っている印象です。

 

「寝れる」というイメージがあったため、就活で使うことに不安はありませんでした。

しかし実際は違った。とてもじゃないけど、寝れたものではありません。

 

私が乗った夜行バスは「愛知県から東京行き」の便。

確か夜の11時に出発し、朝の6時前に現地へ到着します。

 

初めての夜行バス。ドキドキしながら乗り込んだのを覚えています。

中にはあまり人がおらず、「これなら寝れる!大丈夫だ。よかった!」と感じました。

 

しかしながら、夜行バスといってもバスはバスです。あのシートです。

完全なフラットに倒れるわけではなく、頭を支えてくれる程度の傾斜だけ。

 

備え付けのブランケットを借り、“頑張って”寝る準備を整えます。

椅子と窓の間に頭を挟み、眼を閉じ、就寝。

 

………ですが、熟睡できません。短い時は30分で起きてしまうし、長く寝れた時でもも2時間でした。

 

夜行バスに乗った一晩の間に、何回「起きては寝て、起きては寝て」を繰り返したでしょうか。もはや寝るというより、寝不足から来る気絶です。ずっと頭がモヤモヤして気持ちが悪かった。

 

さらに私がバスに乗ったその日は、関東でも雪が積もるような大寒波の日でした。

バスの中は強烈に暖房が効いており、モワッした空気。

 

起きるたびに喉がバキバキに乾燥し、目やにがカピカピに固まり、もう最悪でした。

でもバスに乗ってしまった以上途中で降りることもできないし、どうしようもなかったのです。

 

そんなこんなで東京に着くと、既に体はヘトヘトでした。

仮眠をとった程度だからです。熟睡にはほど遠く、ただただ疲れただけ。

 

これから面接があるのに最悪のコンディションだな。夜行バスに乗るんじゃなかった。

そう思いましたね。

「志望先企業に内定をもらうこと」が一番大事

お金が無いから新幹線ではなく、夜行バスを選ぶしかない気持ちは分かります。

ですが、それでもやめた方がいいかなと。親に借金をしてでも新幹線で行くべき。絶対に。

 

就活で、人生で、その企業の選考を受けられるのは基本1回です。チャンスは一度きり。

どうしても行きたい企業であれば、「内定」という結果を得られれば、全てハッピーじゃないですか。

いくら交通費が掛かろうが、「内定」のリターンがあれば、それでいいじゃないですか。

 

行きたい企業なら、内定を目指して全力を尽くすべき。

「夜行バスを使ったせいで寝不足になり、全力を出せなかった、、、」なんてしょうもない後悔、したくないですよね。

学校のテストと違って“次”はありませんから。「(同じ企業に)次頑張ろう」ができないのです。

 

 

新幹線を使って、お金が減ってしまう…。他の企業の面接に行く交通費がなくなってしまう…。

そんな目先の心配はどうだっていい。むしろ“その一回”で決めるつもりで、全力を出せばいい。

 

お金は社会人になったら稼げます。

夜行バスか新幹線か。悔いの無い交通手段を選んでください。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

【就活の面接は新幹線で行け!夜行バスを使った感想】

  • 就活の面接は「新幹線」で行くべき
  • 初めて夜行バスを使って、痛い目を見たから。
  • 出費より、“内定”という大きなリターンを目的にする。
  • 今お金が無いなら、親に借りるなどしよう。(前々から貯めておくのがベスト)
  • 社会人になったらお金は貯まるから。

 

というわけで、少しでも参考になれば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました