【音はうるさい?】線路から100mの家に住んでみた感想

音は気になる? 線路から100mの家に住んだ感想 レオパレスに住んでみた

【レオパレスの物件を検討中の方へ】
公式サイトはもう使われましたか?

実は物件情報を細かく知るには最適でして、気軽に「WEB接客」「WEB内見」「メール問い合わせ」ができます。

もし、当ブログを見ても“疑問・不安点”を解決できなかった場合は、是非問い合わせをしてみて下さい。

使い方について、こちらの記事で詳しく解説しています。

悩んでいる人
悩んでいる人

次に住む物件選びをしているのだけど、候補に挙がった中で一つ気になることがあって。

 

その物件は「線路から100mほど」のところにあるのだけど、電車の音ってうるさくないかな?

電車って朝から晩まで通るから、音が気になるくらい大きかったら嫌だなと思ってね…。

 

あと、「電車が通ると地面が揺れる」とかも大丈夫?

 

実際に線路沿いの家に住んでいる人に話を聞けたら嬉しいなあ。

こんな方にオススメの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • 線路から100mほどの所に位置する物件は、電車の音がうるさくはないか?
  • 線路近くの物件に2か所住んできた私の感想
    →現在住んでいる物件は、100mのところに電車と新幹線の線路があります
  • (私も物件を選ぶときに)不動産屋さんに“電車の音”について尋ねてみた結果
  • 窓の開閉で音の感じ方が大きく変わる
    →夏場は音が大きく聞こえるかも
  • 心配なら、内見に時間を掛けるべき

 

こんにちは、かけるです。一人暮らしをしています。

私現在も、一つ前の物件も、線路沿いの家でした。

「線路沿いの家が好き」というわけではなくて、単に条件に当てはまる物件が限られていたから選んだわけです。

 

物件を選ぶときは「音って大丈夫かな?」と不安だったんですよね。

もちろん静かな方が良いに決まってますから。

 

 

おそらく、本記事に訪れた方も電車や新幹線の「音」がどうなのか気になる方でしょう。

本記事では線路沿いの家に住んだ私の経験談をお話ししますから、是非参考にしていただけると嬉しいです。

 

この記事を書いた人
かける

こんにちは、かけるです!
.
◆レオパレスで一人暮らし
◆中華鍋で自炊
◆株、仮想通貨投資
◆コーヒー大好き

.
自分の経験から「人に役立つ情報を発信したい」と思い、ブログを運営しています!
是非見ていってください(´∀`)
.
月20万人が訪れる自転車ブログ(たびチャリ!)も運営してます。

かけるをフォローする

 

【音はうるさい?】線路から100mの家に住んでみた感想

音は気になる? 線路から100mの家に住んだ感想

結論からお伝えすると…

「音はほぼ気にならないほどでした!」

 

元々、線路近くの物件の抱いていたイメージは、電車が通るたびに「ガタゴトガタゴト…」と音が聞こえると思っていたんですね。

駅のホームに立っている時に聞こえるあの音です。

100m離れているとはいえ結構な音が聞こえるだろう…と覚悟していました。

 

 

ところがどっこい、実際に住んでみるとほとんど聞こえなかったんですよね。

就寝時のシーンとしている夜ですら。いい意味でびっくりしました。

 

 

私が今住んでいるのは、東福山駅-福山駅間にあるアパートです。

線路から約100mの場所に位置します。

 

場所が特定されるので位置はズラしますが、だいたいこの青ラインぐらいのところに住んでいると思ってください。

家の位置 線路から100m

地上には電車の線路が、高架の上には新幹線が行き来します。

ここ福山市は結構栄えた街でして(もちろん都心に比べたら全然ですが)、それなりに列車の本数があります。ザっと1時間で10本以上は通りますかね。

 

 

そんな状況ですが、あらためて列車の音はほぼ聞こえません。

「ほぼ」というのは、外の音に意識を向ければ聞こえるけれど、例えばパソコン作業に集中していたら気づかないほどです。

そして、わずかに音が聞こえるとは言っても「ガタゴト」という鉄が振動する鈍い音ではなくて、「…トトン…トン…トン…」という優しい音すね。

 

だから、今の生活では「音」には全く悩まされていません。地面の振動もありません。

「線路から100mも離れれば、音は気にならないんだな」と感じましたね。

 

※ただ、やはり窓を開けっぱなしにしていると聞こえます。

基本的に窓を閉めるであろう冬は音が静かですが、夏に窓を開けるなら、音は大きく感じます。

 

 

ちょっと余談ですが、今の「線路から100m」の物件に住む前、別の場所に住んでいました。
あらためて前の家を思い返すと、そういえば近くに線路があったんですよね。

距離を調べてみると線路までの距離は150mでした。

私は今回の家を探す時に「線路から100mだから近くて音が心配」となったわけですが、実はもうその時すでに線路から150mの所という、十分近いところに住んでいたわけです(笑)

何が言いたいかというと、(既に)線路沿いに住んでいることを忘れていたくらい音が気にならなかったので、100m以上離れればよっぽど生活に支障はないと思います。

不動産屋に聞いた時の返答

レオパレスのロフト部屋、大きな窓

私が今回の線路から100mの物件を選ぶ際、もちろん不動産屋にも質問をしました。

「この物件、音とかってうるさくないですか?」と。

 

その時の回答はこんな感じでしたね。

そうですね。線路から100mほど離れていますから、音はほとんど気にならないと思いますよ。線路の真横の物件というわけではないですからね。

その物件の手前(線路側)にはいくつか建物がありますし、音がさえぎられて小さくなるはずです。

 

 

どうやら、不動産屋の認識としても「100m離れたらよっぽど大丈夫」なのでしょう。

心配している方は、ひとつ参考にしてみて下さい。

 

どうしても気になるようであれば、時間を掛けてじっくり内見することをオススメします。

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

【音はうるさい?線路から100mの家に住んでみた感想】

  • 結論:全然うるさくなかった
  • 100m離れれば、地面の振動も感じなければ、列車の音もほぼ聞こえない
  • 不動産屋さんも「100m離れたら大丈夫」という認識だった
  • 気になるなら内見をじっくり時間を掛けてするといい

 

少しでも参考になれば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました