【ビットバンク】通貨の平均取得単価を表示させる方法

平均取得単価を出す方法 仮想通貨
悩んでいる人
悩んでいる人

仮想通貨の取引でビットバンクを使っているのだけど、各通貨の「平均取得単価」を表示させる方法ってないかなあ?

 

複数回に分けて買ったはいいけど、平均価格が分からないから、損益計算が正確にできないんだよね…。

 

パッと一目で分かるようになったら、便利なのになあ。

もし、何か方法があれば教えて欲しい!

こんな方にオススメの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • ビットバンクで買った仮想通貨の平均取得単価を表示させる方法
  • アプリで表示させる方法はないのか?
  • 無料ツール「クリプタクト」がオススメすぎる理由

 

この記事を書いた人
かける

こんにちは、かけるです!
.
◆レオパレスで一人暮らし
◆株、仮想通貨投資
◆コーヒー大好き
.
自分の経験から「人に役立つ情報を発信したい」と思い、ブログを運営しています!
是非見ていってください(´∀`)
.
月20万人が訪れる自転車ブログ(たびチャリ!)も運営してます。

かけるをフォローする

 

こんにちは、かけるです。

仮想通貨トレードが趣味でして、取引所は「コインチェック」と「ビットバンク」を使っています。

 

さて、本記事のテーマです。

【ビットバンク】通貨の平均取得単価を表示させる方法

 

なぜ、この内容で記事を書こうと思ったかというと、自分自身が悩んだからですね。

「もし、平均取得単価が分かれば、お金の計算が便利なのにな~。何か方法はないのかな~」って。

 

きっと、この記事に訪れたあなたも、同じような悩みを抱えているでしょう?

そんな方に向けて、平均取得単価の表示方法をお伝えします。

 

少しでも参考になれば幸いです。

【ビットバンク】通貨の平均取得単価を表示させる方法

平均取得単価を出す方法

結論からいうと、「クリプタクト」という無料ツールを使えば、仮想通貨の平均取得単価を表示させることができます。

 

「なんだよ~!アプリ内でできないのかよ~!」と思う方もいるかもしれません。

…すみません。それはできなかったです(汗

 

でも、クリプタクトを使うのは簡単なので全く問題ありません!

ファイルをアップロードするだけで自動で計算してくれます。仮想通貨をやってるくらい、ITリテラシーの高い方なら、何も問題ないはずです(笑)

 

順に詳しく解説していきますね!

ビットバンクのアプリでは平均取得単価を表示できない

アプリで見れればいいのですが、どうやらそれは出来ないみたいです。

ビットバンクの公式Q&Aにも、その旨が載っています。

 

 

 

私もアプリでくまなく探してみたのですが、やっぱり無理でしたね。当然ですが。

 

取引所取引履歴を見ても、出るのは「約定価格」だけ。

ビットバンクで平均取得単価を表示させる

取得価格と約定価格、そしてその取引の“損益額”が分かれば便利なんですけどねー。

公式アナウンスでは「自分で算出してね!」と書いてあります。ソンナノムズカシイヨ。

 

ちなみに、資産状況一覧から見てもダメですね。

ビットバンクで平均取得単価を表示させる

保有通貨の総量と、その時価が表示されているだけ。

 

全てがまとまっているので、平均取得単価は分からないです。

それどころか、「投資元本」も分からないです。すでに含み損益が組み込まれた評価額になってますからね。

 

株のアプリみたいに「評価益+〇〇円」みたいに出たらいいのになって、ずっと思ってました。

無料計算ツール「クリプタクト」が便利すぎた

仮想通貨の利益計算ツール 「クリプタクト」

そこで使い始めたのが、仮想通貨の利益計算ツール「クリプタクト」です。

年間取引50件までは無料で使えるので、始めやすいのが特徴です。

 

【取引50件まで無料!】クリプタクトで利益を計算してみる

 

 

もう既に「ちょっと興味ある!」という方は、詳細情報をまとめたこちらの記事をご覧いただければと思います。

 

それ以外の方は、クリプタクトで何が分かるのか、軽くプレゼンテーションさせてもらいますね(笑)

 


 

クリプタクトで一体何ができるのか?特徴は以下です。

  • 平均取得単価が分かる
  • 「利確済み損益」「評価損益」「投資元本」全て分かる
  • 複数の取引所を使っていても集計できる
  • 自分のポートフォリオがグラフで表示
  • 対応取引所数(国内、海外計63カ所)、対応コイン数(6000通貨以上)
  • 取引履歴をアップロードするだけで、自動計算

 

特に仮想通貨投資を楽しむ上で欠かせないのが赤字の部分です。

 

なんと、これらがいっぺんに分かります。

下の画像を見てください。(実際のクリプタクトの画面)

仮想通貨の平均取得単価一覧

 

  • ポジション:保有通貨量
  • 価格:現在の通貨の価格
  • 一枚当たりの簿価:平均取得単価
  • 時価:保有通貨の時価評価額
  • 含み損益:どれだけ損益が出ているか

すごくないですか。投資家が管理したい情報が詰まりすぎてますよね。

そうそう。それと、トレード毎の損益も出せますよ。

個別の売買損益確認

これはXRPを120円で買って、124円で売り、3275円儲かったと分かります。

 

 

…多分、これを見ただけで「使ってみたい!」って思いませんかね。

私も最初に見た時は、「そうそう。これが欲しかったんだよ!!!」ってなりましたもん(笑)

 

 

やり方は簡単で、ビットバンクのサイトから「取引履歴」のファイルをダウンロードし、クリプタクトにアップロードするだけ。

本当にたったそれだけで、あの画面が出来上がります。

 

ちなみに、クリプタクトに「スマホアプリ」はありませんけど、スマホのブラウザで確認することは可能です。出先でもばっちり対応できる。

クリプタクトをスマホで確認

 

…というところで、「クリプタクトって便利そう!使ってみたい!」と思う人が1人でもいれば、記事を書いた甲斐があります(笑)

 

あらためて、詳細はこちらの記事で解説しているので、よければご覧ください。

>>>【無料】クリプタクトの評判は?使い心地は?【GTAXと比較】

 

 

「無料なら、もう登録するわ!」という方は、こちらからどうぞ。

【取引50件まで無料!】クリプタクトで利益を計算してみる

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

【ビットバンクで通貨の平均取得単価を表示させる方法】

  • 結論「クリプタクト」を使えば解決
  • 残念ながら、アプリで表示することはできません
  • クリプタクトなら、平均取得価格の他に、投資元本、評価損益、トレード毎の利益、実現損益、などなど全て分かる
  • 年間50件までは無料で使えるので、とりあえず登録してみるのがオススメ

 

クリプタクトは、仮想通貨投資をする上で必須レベルに便利なツールだと思います。

儲けている人は確定申告も必要になるわけですが、それにも対応できますし。

 

まだツールの存在を知らなかった人や、自分でエクセルを作って頑張ろうとしている人の参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

※P.S.ちなみに私もエクセルで作ろうとして、諦めました。

>>>仮想通貨の損益計算に「エクセル」をやめた話【無料ツールが楽】

タイトルとURLをコピーしました