【ビットバンク】評価損益を確認する方法ってあるの?

ビットバンク 「評価損益」を確認する方法 仮想通貨
悩んでいる人
ビットバンクユーザー

これまで仮想通貨に投資してきたけど、一体いくら儲かったのだろう?

逆に、いくら損をしているのかな…。

 

ビットバンクにて「評価損益」だけを確認する方法ってあるの?

あれば教えて欲しいなあ。

こんな方にオススメの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • ビットバンクで評価損益を確認する方法はあるのか
  • ビットバンクで確認出来ること
  • クリプタクトと連携させると便利な話

 

この記事を書いた人
かける

こんにちは、かけるです!
.
◆レオパレスで一人暮らし
◆株、仮想通貨投資
◆コーヒー大好き
.
自分の経験から「人に役立つ情報を発信したい」と思い、ブログを運営しています!
是非見ていってください(´∀`)
.
月20万人が訪れる自転車ブログ(たびチャリ!)も運営してます。

かけるをフォローする

 

こんにちは、かけるです。

今回は「ビットバンクで評価損益を確認する方法」について紹介します。

 

…というのも、私自身が前に気になったことだからです。

「これまで自分はいくら投資して(元本)、いくら儲かったのだろう?(含み益)」

 

恐らくこの記事に訪れたあなたも、同じことを知りたいはず。

詳しく解説しますので、どうぞ最後までご覧ください。

 

【ビットバンク】評価損益を確認する方法ってあるの?

ビットバンク 「評価損益」を確認する方法

結論からいうと、“元本”と“評価損益”を分けて確認する方法はありません。

全体の資産評価額が表示されてしまいます。

 

ビットバンクで自分の資産を確認するには「資産」というタブがありますよね。開きます。

ビットバンクで評価損益を確認する方法

 

すると、このようなページが開くのですが…

 

そう。「円評価額」しか表示されないのです。資産総額です。

私たちが知りたいのはコレでなくて、分けた数字ではないでしょうか。

 

例えば、

  • 元本:100,000
  • 評価損益:+5,000
  • 時価評価額:10,5000

と言った感じ。時価評価額だけ表示されても、具体的にどれだけ儲かっているのか(あるいは損をしているのか)が分かりません。

 

私が求めているのは、株の口座のようなものです。

株の評価損益

 

「こんな感じで表示出来たらいいのにな…」と思っていました。

クリプタクトを使えば解決

クリプタクトの評判は? 【実際に使ってみた結果…】

ビットバンク単体では「評価損益」だけを分離して確認することはできません。

でもでもでも!クリプタクトを使えば全て分かるようになりますよ。

 

クリプタクトとは、無料で使える仮想通貨の計算ツールです。

下の画像を見るだけでも「めちゃいいやん!」と思うはず。

 

通過一覧のポートフォリオ(損益確認)

 

  • 通貨ごとのポジション(保有数)
  • 時価
  • 一枚当たりの簿価(平均取得単価)
  • 時価評価額
  • 含み損益

これらが分かります。

欲しかった「元本」「含み損益」を分けての確認ができるのです。

 

もちろん、クリプタクトの機能はこれだけではありません。

詳しくはこちらの記事で解説しているので、よければ見ていただけると嬉しいです。

 

何より嬉しいのが、「無料」で使えること。

年間取引数が50件を超えるまではタダで使えますので、気軽に始めやすいです。

 

【取引50件まで無料!】クリプタクトで利益を計算してみる

 

実際に私も無料で使って気に入り、年間取引数がオーバーしたところで課金をしました。

もはや仮想通貨取引をする人にとって欠かせないツールかなと思います。

 

日々のトレードもそうですけど、何より「確定申告を安心して行える」というのも大きなポイントです。

自分で計算しようと思うと、マジで大変ですからね…。

まとめ

短い内容でしたが、最後に本記事の要点をまとめます。

【ビットバンクで評価損益を確認する方法ってあるの?

  • 元本と評価損益を分けて確認する方法はありません。(自分で計算する以外)
  • 平均取得単価が分かっていないと、ザックリの計算すら難しいです。
  • オススメなのが「クリプタクト」という仮想通貨の計算ツール
  • ファイルをアップロードするだけで、欲しい情報が全て分かります。
  • 年間取引数50件までは無料なので、とりあえず使ってみてください。

 

少しでも参考になれば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました!

 

【取引50件まで無料!】クリプタクトで利益を計算してみる

 


 

>>>関連記事<<<

タイトルとURLをコピーしました