一人暮らしに最適なのは「ポット」OR「ケトル」?

一人暮らしに最適なのは ポット OR ケトル? 暮らし
悩んでいる人
悩んでいる人

これから一人暮らしを始めるんだけど、「ポット」か「ケトル」、どっちにしようか悩んでいる…。

 

実際に一人暮らしをしてる人は、どっちを使っているのだろう?

より便利な方、より最適な方を知りたいなぁ。

こんな方におすすめの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • ポットとケトル一人暮らしにはどちらがオススメか
  • ケトルをおすすめする理由
  • 熱湯が必要になるシチュエーション
  • <余談>ケトルを買うなら1リットル以上がオススメ
一人暮らしの先輩(笑)である私が、これから生活を始めるあなたに向けて、より良い方をお伝えさせて頂きますね!

一人暮らしに最適なのは「ポット」OR「ケトル」?

一人暮らしに最適なのは ポット OR ケトル?

結論から言うと、「ケトル」がおすすめです。

最大の理由を1つだけ述べます。

 

「熱湯が必要になるシーンは集中するから」

 

だから、ポットではなく、ケトルがオススメ。

よく分からない方も多いと思いますので、詳しく解説します。

 

ポットとケトルの特性を考える

一人暮らしにおいて、“常に熱湯を準備し続ける”ポットは必要ないと思います。

使いたいときだけ、アッという間にお湯を沸かせるケトルがオススメ。

 

理由を深堀りする前に、ポットとケトルの特性についておさらいしてみましょう。

 

ポットのメリット・デメリット

ポットは、使いたい時に「設定した温度の熱湯」がすぐに出ます。

しかし、使用する直前に水を入れるのではなく、あらかじめ水を入れて温めておく必要があります。

 

例えば朝に2リットルの水を入れてそれを1日かけて使うみたいな感じですね

 

ポットの特性上いつでも熱いお湯が出るので、少量ずつでも使いやすいです。

例えば、1時間に一回お茶を飲む…とか。

 

しかし、「常に一定の温度に保つ」ようになっているため、ケトル以上の消費電力がかかります。

使っていない間も、温めているわけですから。

ケトルのメリット・デメリット

一方でケトルは、「使いたい時に水をセットし、沸騰させる」ですよね。

要は、必要なシチュエーションに応じて、使い切りの熱湯を用意する…といった感じ。

 

ポットと違って、ボタンを押してすぐに熱湯は出てきませんが、使っていない間の消費電力は限りなく0に近いです。

なぜなら、追加加熱するわけではないから。温度を一定に保つ機能はないからです。

【ケトルを選ぶ最大の理由】熱湯が必要になるシーンは集中するから

これらの特性を考えた上で、一人暮らしに最適なのは、やはり「ケトル」です。

なぜかと言ったら、熱湯が必要になるシーンが集中するから。

 

一人暮らしをしている方は、あまり家にいる時間は長くないはずです。

 

  • 社会人だったら朝と夜
  • 学生でも朝と夜がメイン

こんな感じですよね。

 

ダラダラ家で過ごすのは休みの日くらいで、基本、家にいる時間は限られているはずです。

 

朝と夜を家で過ごすのであれば、そこで熱湯が必要になります。

お茶を作ったり、ご飯を作ったり。

 

要は、熱湯が必要になる時間が一極集中するんですよね。

一日のうちに、少しずつ何度も使うのではなくて、“決まった短い時間帯”にドカッと使う。

 

こういう使い方であれば、「ケトル」の方が適していると思いませんか?

 

使う時間が限られているのなら、ポットの「保温機能」って必要ないですからね。

自分が家にいない間も熱湯を作り続ける必要って、ないですよね。

 

だから私は、一人暮らしにはケトルをオススメしています。

ケトルを買うなら、「1L以上」がおすすめ

実際に一人暮らしをして気づいたのですが、短い時間に多くの熱湯を必要とします。

 

例えば私の朝は、

  • 味噌汁を作るため
  • お茶を入れるため
  • レトルトの食品をあっためるため
  • その他、場合によって…いろいろ

 

こんな感じで、一気に熱湯を消費します。

 

ですから、一回で使う量を、一回で沸かしきれるケトルがオススメ。

具体的にいうと、大体1リットル以上ですね。

 

もちろん、大は小を兼ねるので、少量のお湯を沸かすこともできます。

 

「買うなら1L以上」

これは覚えておくといいでしょう。

オススメのケトル

わざわざ紹介するまでも無いのですが、ケトルの代名詞「ティファール」がおすすめです。

 

 

まとめ

最後に、本記事の要点をまとめます。

  • 一人暮らしに最適なのは、ずばり「ケトル」
  • なぜなら、熱湯が必要になる時間帯は集中するから
  • ポットを使って、熱湯を保ち続ける必要がない
  • 使うときに使う分だけ沸かせれば、それで良い
  • だから、ケトルがオススメ
  • 結構な量を使うので、“1リットル以上”のモデルが使いやすい

 

この情報がお役に立てば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました