【新社会人】家賃補助なしで一人暮らしは厳しい?【感想】

お金の写真 お役立ち情報
悩んでいる人
一人暮らししようか悩む人

大学を卒業したら、新卒で会社員として働き始めるんだけど、「家賃補助なしで一人暮らし」をするのって厳しいかな?

 

もちろん、一番心配なのは“経済面”で、要はお金が足りるかどうか。

現段階では貯金もほぼないし。

 

実際に新社会人で働き始めた人の感想が聞きたいなあ。

こんな方にオススメの記事です。

 

【この記事で分かること】

  • 新社会人が家賃補助なしで一人暮らしをするのは厳しいのか
  • 手取り19万で生活できる?
  • 車を持つことはできないと思った方が良い話

 

こんにちは、かけるです。

2021年の春から新卒として会社員を務めています。

 

実家のある愛知県から岡山県へ引っ越し、一人暮らし中。

 

私には大学の後輩がいるのですが、こんな質問を受けることがあります。

「新卒で、例えば手取り19万だとして、家賃補助なしの一人暮らしをするのは厳しいですかね?やめた方が良いのかな?」

 

私自身、家賃補助“アリ”の会社で働いているのですが、家賃補助が無かった場合のことも考えることはできます。

単純に、家賃を全額払うと思えばよいのですから。

 

そこで、本記事では「家賃補助なしで一人暮らしは厳しいか」というテーマについてお話ししようと思います。

自分の生活スタイルを考える上で、少しでも参考になれば幸いです。

 

この記事を書いた人
かける

こんにちは、かけるです!
.
◆レオパレスで一人暮らし
◆株、仮想通貨投資
◆コーヒー大好き
.
自分の経験から「人に役立つ情報を発信したい」と思い、ブログを運営しています!
是非見ていってください(´∀`)
.
月20万人が訪れる自転車ブログ(たびチャリ!)も運営してます。

かけるをフォローする

 

【新社会人】家賃補助なしで一人暮らしは厳しい?【感想】

一人で立つ男性

結論からいうと、厳しいかなと感じます。

 

ここでいう「厳しい」というのは、決して“無理”というわけではありません。

一人暮らしは可能だけど、自分が使える可処分所得(自由なお金、貯金)は非常に少なくなりますよ、ってわけです。

 

つまり、生活は質素なものになり、贅沢する機会も減り、出来る限り出費を抑えた生活を強いられることになるでしょう。

 

もちろん、そこまでして一人暮らしをする価値があると思えるのなら、悪くはないと思いますけどね。

結局、自分の生き方は自分で決めるものですから。

【新卒】手取り19万円の生活

レオパレス、部屋のレイアウト紹介

私は現在(先月のデータ)、月の総収入が228,540円。

そこからなんやかんやと控除される額が39,076円。

 

つまり私の月の手取り額は[187,464円]ってことになります。

(ちなみに新卒一年目は住民税の控除がありませんが、来年からはもう1.5万円ほど減ることが予想されます。)

 

 

現在、私は家賃補助ありで一人暮らしをしております。

会社が家賃の半分を負担してくれるので、私が月に払う家賃は[25250円]。

 

手取り額187,464 – 家賃25,250 =162,214円

これが私の可処分所得です…と言いたいところですが、まだまだ固定費が掛かります。

 

  • 水道光熱費8100円
  • 家のWi-Fi代2300円
  • スマホ代6000円

これらを合わせると、16,400円。

 

再計算しますと、[ 162,214円 – 16,400円 = 156,214円 ]

 

…ただし、これでもまだまだ生活できません。

服や趣味に使うお金は考えないとしても、誰でも必ず「食費」は掛かります。平均4万円だそうです。

 

となると、多めに見積もっても、私の月の可処分所得は約11万円。

実際はもっともっと買うものがあるので、恐らく7万円ほどかなという印象。

 

 

ちょっと話が複雑になったので一度まとめると、

手取り約19万円の私が、半額の家賃補助ありの状態で、月に使える金額が7万円。

 

では、仮に補助が無かったとしたら、単純に家賃が倍(+25250円)になりますので、

7万円 – 2.5万円 = 4.5万円 がだいたい手元に残る金額だと計算できます。

月に残る金額は約4.5万円

お金の写真

1ヶ月必死になって働いて、自由に使える金額が約4.5万円。

これが家賃補助なしで、手取り19万円だと仮定した場合の金額です。

 

どうです?

再結論ですが、やっぱり「厳しい」かなと思います。

 

仮に実家暮らしだとしたら、家賃約5万円が引かれずに済みますから、単純に増えます。

自由に使える金額が約10万円になります。

 

「家賃補助がないのに、そこまでして一人暮らしをする価値ってあるの?」

一度、深く考えるといいでしょう。

車のある生活は無理だ

車を運転する男性

家賃補助がないけど一人暮らしをしたいし、社会人だから車も所有したい

中にはこんな方もいると思います。

 

無理です。月に使える金額が4.5万円しかないのに、どこから車代を捻出できるでしょうか?

 

多分、買うとしたらギリギリを攻めた支払回数のローンでしょう。

もちろん、車を所有したら掛かるのはローン代だけでなく、保険代、駐車場代、ガソリン代、車検代、メンテナンス代…多額の出費が上乗せされます。

 

これらの金額を4.5万円から支払えないことは、算数を習いたての小学生でもわかるはず。

 

「月給20万円」「手取り20万円」と聞くと多いように見えますが、実際一人暮らしを始めると手元に残る金額なんてわずかです。

しっかり計画を立てて、無理のない選択を。

まとめ

一人の女性

 

最後に、本記事の要点をまとめます。

【新社会人が家賃補助なしで一人暮らしをするのは厳しい?】

  • 結論、厳しいです。
  • 手取り19万だとして、出費を甘く見積もっても、月に4.5万円しか残りません。
  • 節約節約。贅沢は厳禁。そんな生活になるかなと思います。
  • もちろん車なんて持てないでしょう。
  • でも、どんな生活をするか、どんな人生を歩むか決めるのは自分自身。
  • 本記事を参考にしつつ、悔いの無い選択をしてください。

 

少しでも参考になれば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました